ソフトとかデータとか

DR.DIALOG解説 第1版 日本語

戸田 春男さん・坂井 清一さんの和訳を元に渋谷 隆さんがINFファイルにまとめられたDrDialogの日本語解説の転載です.DrDialogを使う人は必携!

DayTalk for OS/2 ver1.1

株式会社オーツーが発売している「声優ROM Revolution」というのがありまして,Windowsのサウンドイベントに声優さんの声のwavを割り当ててしまうものなんですが,中でも付属のDayTalkというソフトを起動すると日付/時間/挨拶/デパート休館情報/雑誌発売情報はてはおみくじをひいて「大凶〜☆」なんて喋っちゃったりして,なかなかパソコンを起動するのが楽しくなります.

で,Windows用のソフトなものでWIN-OS2はともかくOS/2ネイティブでは動かないわけですが,もともとwavを繋ぎあわせて再生するだけだしそんなに難しくないだろうということで,マルチメディアREXXとDrDialogを組み合わせてPMアプリにしてみました.
起動時/ボタンクリック時に日付〜おみくじまで喋ります.また,毎時0分には「△△時です」と喋ります.
取り敢えずWarp以降で動作すると思いますが,サウンドカードと上記「声優ROM Revolution」を少なくとも1タイトルが無いと単なる時計にしかなりません.
声優さん別にいくつかタイトルが出ていますので試してみたかったら購入してみましょう.ちなみに本ソフトは,複数タイトルを用いると全部の中からランダムに選んで喋るようにしてあります.

ではでは,Let's 軟弱OS/2!(笑)

ScreenShot
1997/03/10:フォント/カラーを設定可能にした.
1997/03/09:ObjectREXX環境で動作しないバグを修正

Color String Maker for OS/2 ver1.1

あー,うー,えらそうな名前の割に全然たいしたツールじゃなくてお恥ずかしいんですが...(^^;
htmlでバックグランド色やフォント色を指定する「#FFFFFF」という色文字列を実際に色をみながら作成するツールです.R/G/Bのスライドバーを動かして色を作り,その色の色文字列をボタン一発でクリップボードにコピーすることが出来ます.ということで,DrDialogで作成したちょー簡単なPMアプリでっす.

ScreenShot
1999/03/23:設定した色とウィンドウ位置をINIファイルに保存するようにした.

WebPage Upload Utility ver1.40pr1

HDDの中に入っているWebPage(ホームページ)のファイルをプロバイダのサーバーにアップロードするためのツールです.今までは普通のftpクライアントでやってたのですが,もっと手抜きでアップロードしたかったので取り敢えずDrDialogで作ってみました.まだ詰めが甘い部分がありますが,おいおい改良していきたいと思います.

以下ような機能を持たせてあります.
1) サブディレクトリも含めてアップロードする.(宛て先のサブディレクトリがなければ作成する)
2) アップロードした日時を記憶しており,それより新しい日付のファイルのみアップロードする.
3) アップロード先を個別に複数登録できる.(一括処理は不可)
4) 大文字のファイル名を小文字に直して送信可能.その逆も可.
5) ファイルの拡張子を変換して送信できる.(例えば *.htm を *.html に)
6) 拡張子により送信モード(ASCII/BINARY)を指定できる.
7) アップロードしたくないファイルを指定できる.

ScreenShot
1999/06/02:スンマセン,update.cmdが不完全でした.m(__)m
1999/06/02:秒に対応.INIファイルを少々変更.(旧版をご利用の方はReadme.1stをご覧ください)
1999/01/14:プログラム名がウィンドウリストに出てこないバグを修正.(Thanx to 岡林さん)
1999/01/05:ObjectRexx環境(だけじゃないかも...^^;)でうまく動かないのを修正.
1999/01/04:コードの大部分を書き直し.Exclude Mask機能を追加(Thanks to 葉山さん).
1997/06/19:日時設定部分のバグを修正.
1997/06/17:複数のホスト設定を使用できるように改造.
1997/06/13:アップロード中断を追加.put失敗に対してリトライするように変更.ステータス表示を見やすく.

OS/2 Telnet Chatter ver2.00

Telnetプロトコルを使用するチャットクライアントです.NIFTYのRTCやOS2Chatで使えます.あれこれアプリを立ちあげた画面の余白でチャットがしたいなと思い,シンプルめに作ってみました.ログの保存,入力ヒストリ,短文利用,ハンドル選択などが利用できます.Netscape Navigatorからの呼び出しにも対応しています.ProTALKER/2と連動させてチャットを音声で楽しむこともできます.


ScreenShot
1998/03/27:ObjectRexx環境で日本語表示が正常に行われないバグを修正.
1998/02/02:いろいろ変更&機能追加&バグ修正したのでメジャーバージョンアップ.
1997/09/11:ProTALKER/2の制御をRexx Speech Utilityで行うように変更.若干バグ修正.
1997/08/01:操作如何で多重コネクトしてしまうバグを修正.
1997/07/31:クリップボード転送機能を付けてProTALKER/2で遊べるようにした.
1997/07/22:マルチ入力行に拡張.
1997/07/08:機能的な修正2点と内部の仕様変更.
1997/07/05:機能をひととおり組み込んだので,Ver1.0としてリリース.
1997/07/04:暫定版リリース.

15ぱずる for OS/2 ver1.0

なんの変哲もない15パズルです.パズル完成までの時間が計れますが,「だからどうした」と言われてもぐぅの音も出ません(^^;.まぁ暇潰しにでもどうぞ.

画面イメージはちょっとサイズが大きいので載せるのやめときます.

1997/08/19:初リリース

POP Mail Checker 暫定版 ver1.42

e-mail受信数チェックツールです.設定した時間毎にPOPサーバーにアクセスし,e-mailの受信数を報告します.また,矢野崇さんのRXJIS.DLLがインストールされている環境ならば,受信e-mailのSubjectとFromの一覧表示もできます.

ScreenShot
2000/02/22: UIDLコマンドを使用して新規メールのみSubject/Fromを取得するようにした.
1999/06/25: ウィンドウ位置を覚えないbugを修正,起動オプション -t を追加.
1999/03/19:いろいろ機能拡張.
1999/02/26:複数行Subject対応とFrom表示の追加.
1998/07/01:デザイン変更&機能強化&いろいろ修正.
1998/03/07:機能強化&いろいろ修正.
1998/03/05:Subject未表示時にもRXJIS.DLLを要求するのを回避.
1998/03/04:暫定版v1.0リリース

wx3kill.cmd

Warp4になってからだったか,それともFX00002を当ててからだったか,WX3のプロセス(WX3BOS2.EXE)が残ってしまって,他のアプリケーションが完全に終了できないことが多々発生しています(アプリを終了させてもアイコンの斜線が消えてくれない).そこで,すべてのWX3BOS2.EXEをkillするスクリプト(ってほどでもないけど)を作って使っています.内容は,pstat /c の出力から得られるすべてのWX3BOS2,EXEのpidをkill.exeに渡しているだけです.
使用にはJ_POCKET2のAIXLikeに入っているkill.exeが必要です.あとはwx3kill.cmdを実行するだけなので,ドキュメントは付けてません.


NDR ver1.2

サブディレクトリ内のファイル総サイズを測定するツールです.
ご覧のようにバーグラフっぽく表示します(結構無理矢理やってます^^;).オマケとして測定対象ファイルをワイルドカードで制限したりある日時以降のファイルだけに制限したりできます.

ScreenShot

Web=Local Synchronizer ver 0.9999

WebPage Upload Utilityの後継?ツールです.WUUではタイムスタンプの新しいファイルをftp経由でWebサーバー(Remote)に送り込むのみでしたが,Web=Local SynchronizerはLocalでのファイルの増減をremoteに反映させるようにしました.

以下ような機能を持たせてあります.
1) サブディレクトリも含めてLocalのファイルをRemoteにftp送信する.Remote側にディレクトリが存在しないときは自動的に作成する.
2) Remoteに送信したファイル名とそのタイムスタンプを記憶しておき,次回以降は新規に増えたファイルもしくはタイムスタンプの変更されたファイルのみ送信する.
3) Localでファイルが削除された場合は,Remote上の該当ファイルも削除する.
4) 大文字のファイル名を小文字に直して送信可能.その逆も可.
5) ファイルの拡張子を変換して送信可能.(例えば *.htm を *.html に)
6) 拡張子により送信モード(ASCII/BINARY)を指定できる.
7) 送信したくないファイル/ディレクトリを指定可能.

ScreenShot

timesync ver 1.0

http proxy経由でしかインターネットに出れない某社(笑)のような環境でも使える,PC時刻合わせREXXスクリプトです.プロトコルにhttpを使ってます.つまり,どこぞのWebサーバーの時刻を手元のPCにコピーする感じです.精度はそんなに良くないです.(^^;


Go Up / Go Top